たこの卵 たこまんま アップ 北海道は札幌。こだわりの食材を料理してくれるとある居酒屋にて。たこまんまなるメニューがありました。
"たこまんま"という文字を見て、想像したのはやっぱり「たこ飯」で、でもその想像に自信も持てず、結局女将に相談した。
「たこまんまって、たこの卵なんですよ。形がご飯粒みたいに細長いんでたこまんまって言ってます」
たこの卵って見たことありますか?魚卵はともかく、イカやたこの卵は出回っているのをみたことがない。最近は珍味としてお取り寄せもあるようですが。

たこの卵 たこまんま ガラスの器に盛りつけられたところ ガラスの器に盛られたたこの卵です。半透明の白い物体が卵です。
こちらに醤油をつるりと垂らし、おろしわさびをちょこんと乗っけたのがこちら。
つまり、たまごのお刺身というところでしょうか。

たこの卵 たこまんま 箸でつまんだところ その半透明の白い物体を箸でつまみ上げてみるとこんな感じ。繋がってます。
確かに米粒みたいな細長い形をしている卵のようです。まんまと呼ばれるゆえんです。
これをわさび醤油でつるりといただく。
いくらやたらこを生で食べるのは慣れているけど、これは未知だなぁ。

食感はいくらと白子を合わせたみたいな感じです。
みずみずしいのですが、噛んでも他の魚卵のようにぷちぷちはじける訳ではなく、
ねっとりとまとわりつくような液体が口の中に流れ込む。
味わいは白子に似ているのですが、もっと水分が多いんです。不思議な食感。

新鮮な物はこうやってお刺身で食べることができますが(ポン酢も美味しいらしい)、
ゆでてから食べたり、塩漬けにしたり、加工しても食べるとか。
いずれにせよ二杯酢、ポン酢などでさっぱりたべるほうが美味しいそうです。

興味のある方は、たこの産地である北海道や兵庫県などで食べてみるか、
お取り寄せしてみてください。塩漬けならお土産物屋にあるかな?
兵庫県では「海藤花(かいとうげ)」とも言うそうですよ。


居酒屋あんぽん

住所:北海道札幌市中央区南五条西4ビルA3F
電話:011-551-8877

私がたこの卵の刺身を食べたお店。カウンターのみの渋いお店です。女性同士でも行きやすい。

あんぽん居酒屋 / すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)資生館小学校前駅
夜総合点★★★★ 4.0