宇都宮焼きそば チルド麺 宇都宮といえば餃子の町として有名ですが、もうちょっと地味なご当地グルメとして焼きそばがあります。
宇都宮の焼きそばは、麺を二度蒸しした太い麺を使っているのが特徴です。 見た感じは焼きそばと言うより焼きうどん。調理前のチルド麺は石巻焼きそばにも似ています。石巻焼きそばも二度蒸ししてるからです。
石巻焼きそばと宇都宮焼きそばの違いは太さですかね。やっぱり。

宇都宮焼きそば チルド麺 こちらが調理前のチルド麺です。ソースをかける前から茶色いのです。
宇都宮焼きそば、石巻焼きそばのように二度蒸しをする焼きそば麺は、
蒸す間に麺に練り込まれたかんすいが化学変化を起こして茶色くなるそうです。
見た目はなんだか地味というかどす黒いですけど、もともと焼きそばはソースを絡ませてこういう色になるのだから問題なし。
二度蒸しすることで香ばしくふっくらとして、だしの吸い込みも良くなるとか。
(宮城県の観光情報より)

宇都宮焼きそばを調理したところ 冷蔵庫にあった適当な具をいれて作ってみた焼きそばです。
宇都宮焼きそばと石巻焼きそばの違いは麺の太さでしょうか。結構な太麺。
味は焼きそばなんだけど焼きうどんを食べているみたいでした。
福島のなみえ焼きそばも太かったなぁ。そういえば。

今のところ、餃子を上回るブレイクはしないと思われますが、
こういう太めのもっちりした麺が好きな方はチルド麺を購入して
おうちで作ってみるといいかもです。
(宇都宮には宇都宮焼きそばを出してくれる飲食店もありますけど。)

各地域のご当地スーパーにいくと、その地域に根付いている製麺所が作った
特徴的な麺が売っていて、買って帰るの大好きです。
冷やし中華とか、焼きそばって大手スーパーにはない独自の麺があるんですよ。
イオンとかヨーカドーとかよりご当地スーパーのが見つかる確率は高いです。
時間があったら覗いてみてください。