先日、タケシのニッポンのミカタを見ていたとき、意外な日本一を特集していた。 そこで「豊橋はウズラの卵の生産が日本一!」というのを見て、そういえばウズラって買わないし、 生産地なんて気にしたことないなぁと感心しておりましたところ、たまたま家族が豊橋に出張で、 調べてみたら、豊橋のお肉屋さんにウズラ肉が売っていることが判明したのであります。
で、買ってきて食べました。クリスマスのころに。

うずら 塩胡椒したところ はい。こちら鶉肉です。パエリヤナベにおいて塩胡椒をしたところです。
(処理する前にも写真撮ったけど、ちょっとまな板が汚くて~。)
なんかマルのままの肉を見ることってなかなかないのでけっこうシュール。

ウズラを焼いたところ ガスコンロの上に置き、そのままジューッと焼いてみました。
まずは表面をこんがり焼いてうまみを閉じ込める作戦です。
で肉が焼き上がったら野菜をどかどかっといれて、オーブンの中へ。

うずらのオーブン焼き オーブンで20分か30分くらい焼いた後です。こんな感じに仕上がりました。
鶏肉だとあまり丸焼きにしませんし、したとしてももっと大ぶりで肉の部分が多いですが、
全体に鶉は小さくて、肉が少なめです。

ただ、肉のうまみって骨の周りにあるといいますし、私はけっこう好きかも。
鶏の丸焼きの場合、胸肉とかパサパサになっちゃったりしますしね。

卵を産みまくって、お役御免になった鶉がこうやって食べられているのかも知れません。
また今度、機会があったら食べてみたい物です。

ちなみに肉屋さんでも店頭に並んでおらず、「鶉ありますか?」と聞いたら、
奥から冷凍の肉を出してきてくれたそうです。
そんなにたくさん出る物でもないみたいですね。